[ルーマニア]シギショアラ

<時計塔航空写真から見下ろす南側/西北西(2枚組)

なんじゃこりゃ!と驚いた。
世界遺産なので訪れてみたが、まるで観光地としての化粧がされていない、すっぴんなのだ。
未修復のまま保存された遺跡というよりも、観光客が見に来ることを想定していないかのような放置ぶり。壁や屋根瓦が完全に色褪せているのは良いとしても、石畳の道は完全に石が剥がれ登山道を歩かされている感じがする。博物館を兼ねる教会内はアフリカのマイナー博物館のように、こんなのあったよと、ただゴロゴロ床に並べられていた。
世界遺産は必ずしも観光地ではないと承知している。だが、シギショアラは「歩き方」中欧版で取り上げられている数少ないルーマニア観光地の一つなのに。
ルーマニア観光あまり期待できないかも。

≫続きを表示

列車の移動はなかなか良い。ブカレストからシギショアラまで急行で5時間半が40レイ(1,300円)と安く、すぐに切符が買えそんなに混んでいない。車窓は牧草地帯や教会のある小さな村、そして急峻な山容を見せたりとなかなか楽しめる。
今回の旅ではエストニア以降、バスや列車の移動で面白みのない景色が続いていたが、モルドバから良くなってきた。

<参考図書> A25 地球の歩き方 中欧 2009~2010 =>最新版 2017~2018

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください