[ネパール]タンセン

ポカラからタンセンまで(ルート)のバス旅は楽しかった。(あとから考えると、今回のネパール旅でこのバス移動がハイライトだった)

乗り心地の良くない中型ぼろバスで、くねくねと曲がる山あいの道を飛ばして行く。舗装された道だが荒れていて、幅は狭く大型車とのすれ違いは余裕がないことが多い。急な崖につくられた道で峠を越えると村が現れ、またすぐ峠道となり、それを越えると集落が現れるということを繰り返していく。
このバスが食事休憩した峠の茶屋からタンセンへの入口となるバルトゥンまでの37kmのルートは、数百メートル下に流れる川を眺めながら進んだりとか今まで味わったことのない高度感を体験でき、これぞネパールの旅という気した。

<タンセンの町なみ(2枚組)

観光客があまり訪れない町に行けば、求めていたネパールらしさが見られる気がしてタンセンに立ち寄った。

ポカラからのバスを降りたバルトゥンからタンセンまでは乗り合いジープが通っているが、車道でも4km(ルート)ほどしかないので歩いてみる。「地球の歩き方」に点線で示された、町までショートカットするルートは地元の老人たちも歩く道なのだが、2kmで200m以上登る急傾斜。町中に入っても傾斜のきつい道ばかりで心拍数が高止まり。坂好きの私はわくわくしてきた。

しかし、他には小さな寺院がある以外、歩き回っても特に目に止まるものがない。アフリカやインドのような異国感は強くない、かといってかつての日本を想起させる情景があるわけでもない。いったい私は何をネパールに求めていたのだろう。
ま、あまり深く考えず、山を下りてルンビニへ向かうことにした。

<参考図書> D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤ 2013~2014 =>最新版 2018~2019

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください