[南アフリカ]ケープタウン

ケープタウンは山が街の間近に迫っていて、メテオラの山と町を大きくした感じ。
が、第一印象だったが、ケープタウンには美しい海もある。また、街が巨大で多様性があり、簡単に言い表せない。私にとっては久々のビッグな観光スポット。
ただ、急に白人バックパッカーが増えた。安宿がひしめくロングストリートは歩道に出されたテーブルにビールを飲む若者たちが溢れ、二階のテラスからもバックパッカーたちがこぼれ落ちてきそうだ。

ケープタウン観光1日目にロベン島を訪れようと思ったが、3日先まで予約で一杯と言われ断念。
列車でサイモンズタウンに向かう。(ケープタウンから往復30ZAR

<喜望峰航空写真/崖の上のぽにょっとした小動物(2枚組)

<たびメモ(レンタサイクルで喜望峰)>

サイモンズタウンから喜望峰へ向かうバスか何か安い公共機関がないかインフォメーションセンターで尋ねたが、乗り合いタクシーしかないという。
アップダウンが激しく風が強いので大変だと聞いていたが、レンタサイクルを利用することにした。

インフォメーションセンターの側にあるショップで借りたのはマウンテンバイクで、1日150ZAR(15USD)と安くないが、ブレーキの効きが甘く、トゥクリップがないなどそんなに良いモノではない。
走り始めて何度も現れる上り坂はそれほど苦にならなかったが、風の強さには参った。
まともに呼吸ができない向かい風も辛いが、横からの強風は危険。ガードレールがない舗装道路を調子良く下っている時に海側へ吹く風に押されてしまうと、舗装道路を外れて路肩の砂利道に押し出され、そのままずるずる崖下に落とされそうになって下り坂の途中でブレーキをかける。
日本でもたまにマウンテンバイクに乗るのでもう少し速く走れるかと思ったが全くスピードが上がらない。Simon’s Townから喜望峰まで(ルート)の25kmを2時間(帰りは追い風ぎみで1時間40分)もかかってしまう。
強風のせいか、道中、他に自転車を見かけることはなかったので、喜望峰に着いたときは達成感を得られた。

風が強くなければ気持ちの良いサイクリングと言えなくもないが、ほとんど毎日強風が吹いているようなので、レンタサイクルで喜望峰は決してお勧めでない。

<2013年12月12日>

昨日は曇りで喜望峰までの自転車は相当寒かったが、今日は快晴。ぜひ登ってみたかったテーブルマウンテンに向かう。日本人旅行者がトレッキングコースを登ったという情報はネットでいくつか目にしたが詳細は調べずにやって来た。

<テーブルマウンテン頂上からの眺め(2枚組)

<たびメモ(テーブルマウンテンの歩き方)>

ロープウェイ麓駅でバスを降り、駐車場係の兄さんに尋ねながら車道を先(東南東)へ1.5km進むとトレッキングコース入口があり、そこから距離2km、標高差700mを登ると標高1,050mの頂上部に出る。そして、平坦な頂上部を西北西に0.8km進みレストラン、売店、トイレがあるロープウェイ山頂駅。
現地案内の標準時間は上り3時間。休まず一定のテンポで歩き混雑も考慮すると上り2時間、下り1時間30分ぐらい。
現地お勧めルートがこちらで()を押して表示されるルートが上に記した最短ルート。

<テーブルマウンテン登山路からの眺め(2枚組)

(地図がないと迷う所もあるが)道は整備され、途中の眺めは良く、コース沿いに花も咲いていて楽しめる。
天気が良かったせいもあるだろうが、トレッカーは結構多く、軽装の人が多い。
標高差が700mもあり、天気が急変することが多いようなので、私は登山のつもりで雨具や水などを用意していた。しかし、現地人や欧米人たちの中には、手ぶらの人、さらに上半身裸の人、ハイヒールの人あるいはハイヒールを手に持ち裸足の人などお気軽すぎるスタイルが多い。また、トレランなのか走っている人も何人か見かけた。
そんなこともあり、達成感はあまりない。登山に興味のない人は、素直にロープウェイを利用するのがお勧め。

[南アフリカ]ケープタウン への1件のフィードバック

  1. あぶちゃん のコメント:

    スゴイ絶景‼︎‼︎
    ぽにょっとした動物もいるなんて、感激~☆‼︎

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください